青森県・津軽エリアの福祉トータルサポート

先輩の声

七峰会 先輩の声 介護職員(介護・身体)

01 新卒5年以内介護職員(介護・身体) 能登谷恵脩

七峰会 先輩の声 職業指導員(就労)

02 新卒10年以内職業指導員(就労) 田中みのり

七峰会 先輩の声 次長

03 勤続20年次長 葛西伸也

七峰会 介護職員(介護・身体)
01 能登谷恵脩
新卒5年以内介護職員(介護・身体)
特養サンアップルホーム
七峰会 介護職員(介護・身体)働く様子

Q1.七峰会を選んだきっかけ

両親が共に介護の仕事をしていたので、介護とはどういう仕事なのか興味を持ち、自分も就職して介護の知識、技術を学びたく、初任者研修を開催している七峰会を選びました。

Q2.この仕事の魅力とやりがい

介護は、毎日同じ業務を行っていると思いますが、一日一日利用者さんの体調等の変化があるので気付きが必要とされ、他セクションと連携し対応して、利用者さんが安心して生活されていると日々、感じられることが私のやりがいです。

利用者さんに「ありがとう」と感謝の言葉をもらえることも、自分にとって大きな魅力の一つです。

Q3.仕事上で大事にしていること

利用者さんの目線に合わせ、笑顔で聞こえやすいような声掛けを大事にしています。また、利用者さんの小さな変化にも気付けるように、他職員とのコミュニケーションを大事にしています。

Q4.一緒に働くことを検討中の皆さんへ

介護は、辛いことや落ち込むことがありますが、利用者さんに「ありがとう」という一言をもらうことで、やってよかったと思えるので、一緒に働いてみませんか。

ある一日の流れ

8:30勤務開始、朝礼
9:30水分、排泄ケア、入浴介助
11:00(休憩、昼食)
12:00昼食介助
13:30水分、排泄ケア、入浴介助
16:00水分、排泄ケア
17:00夕食準備
17:30勤務終了
七峰会 職業指導員(就労)
02 田中みのり
新卒10年以内職業指導員(就労)
就労サポートひろさき
七峰会 職業指導員(就労)働く様子

Q1.七峰会を選んだきっかけ

私は以前、福祉とは直接関わりのない調理関係の仕事に就いていました。特別に福祉の分野に興味があった訳でもなく、自分が今のこの仕事に就くことになるとは思ってもみませんでしたし、誰にでも出来るような仕事ではないし、ましてや自分には務まらないのではないかと思っていました。そんな中、前職を辞めた後、福祉施設でパン製造をしている所があると知人から紹介され、今の仕事を知りました。

最初は障がいのある方とはどういう人達なのか知識が全く無くとても不安でしたが、面接の際に施設の様子を見学させてもらった時に、利用者の皆様の明るい笑顔や楽しそうに作業されている様子を見て、不安が少し和らぎ、この仕事をやってみようと決意しました。

Q2.この仕事の魅力とやりがい

最初は障がいに対する知識も全く無かったため、利用者の方の行動や言動が理解出来ず戸惑うことも多かったですが、上司や先輩職員の方々に教えて頂きながら時間を掛けて利用者の皆様と接していく中で徐々に理解を深める事が出来ました。最近は別の職業を経験してきたからこそ逆にそれが自分の強みでもあるのかも知れないと思えるようになってきました。

Q3.仕事上で大事にしていること

利用者の方々の特性は人それぞれで、今でも日々支援にあたる際には難しさを感じていますが、それでも共に『働くこと』を通して利用者の方々が自分の能力を最大限に生かして、毎日やりがいや楽しみを感じながら働き続けられるように今後も支援していきたいと思います。

Q4.一緒に働くことを検討中の皆さんへ

私が仕事を探していた当時は障がいに対する知識もほとんど無く、福祉施設で働くことに正直不安を感じてしまい、就職するかどうか悩みました。ですが、実際に働いてみると自分で想像していたよりは抵抗なく受け入れることが出来たように思います。後になって難しく考え過ぎていたことに気付きました。

利用者の方々は人それぞれ特性も違えば日によって気分の浮き沈み、体調や調子の良し悪しもあり、毎日変化があって対応や支援に悩むことも多く、日々この仕事の難しさを感じていますが、それは相手に障がいがあるかないかは関係なく、職場での人間関係で悩むのは何の仕事に就いていても同じで当たり前のことですし、この仕事が特別大変なわけではないと最近は考えるようになってきました。どこの職場でもいかに相手や周囲の人々のことを知ろうと努力するか、思いやれるかどうかが大事なのは変わらないと思うので。

就職を考えている皆さんには少しでも興味がある方は難しく考え過ぎないでまずはぜひチャレンジしてみて欲しいということをお伝えしたいです。

ある一日の流れ

7:00出勤、豆腐製造作業、豆乳プリン製造作業、利用者支援、配達業務など
12:00休憩
13:00豆腐製造作業、豆乳プリン製造作業、利用者支援、配達業務など
15:30作業終了、記録作成、書類作成、売上金額集計など
16:00退勤
七峰会 次長(複数拠点経験)
03 葛西伸也
勤続20年次長(複数拠点経験)
障害者支援施設青葉寮
七峰会 次長(複数拠点経験)働く様子

Q1.七峰会を選んだきっかけ

養成校(介護福祉士)の時の先輩や同級生が多数「七峰会」の各施設に勤務しています。県内でも有数の大規模法人であり、同族経営の法人でもなく、先輩や同級生から福利厚生や待遇面での話を聞いていました。
また、自分のスキルアップのための勉強や資格取得、勤務面での配慮や応援体制も整っていることから、七峰会という法人に興味を持ち、臨時職員として入職する機会を得ることができました。

Q2. この仕事の魅力とやりがい

ルーティーン業務の繰り返しではなく、毎日違う顔を見せる人たちと触れ合い、感性を理解しあうという、とても難しく楽しい経験ができる仕事だと思います。時に悩むことや難しさを痛感しますが、それを乗り越えた時に感じる喜びや嬉しさを「人」と共有できることが魅力の一つです。
一人の人としての行動力や実践力が試され、成果が良くも悪くも如実にわかる。「人として」を常に実感できるのが私のやりがいです。

Q3.仕事上で大事にしていること

  • いろいろなことを学び知識を得ること。
  • 得た知識を自分のものにし実践すること。
  • 公私ともにいろいろなことを経験すること。
  • 経験したことを人と触れ合いコミュニケーションをとるときに意識すること。
  • 何事も必ず現場に行って、自分の目で見ること。

Q4.一緒に働くことを検討中の皆さんへ

七峰会は自分が学びたいこと、やりたいことを様々な制度や一緒に働くみんなが応援してくれます。
自分の人間力を高められる職場環境が整っていると思います。ぜひ七峰会で一緒に働きましょう。

ある一日の流れ

午前 館内確認(利用者さんの活動状況確認兼ね)
午前 会議資料作成
午後 利用者さん誕生会参加
午後 書類作成